リフレッシュ施工>>光触媒ガラスコート

 

汚れにくいガラスをご存じですか?
光触媒ガラスコートは、太陽光(紫外線)が汚れを分解し、親水性を利用したセルフクリーニング(防汚)効果で長期間キレイな外観を保ちます。 また、汚れが発生した場合でも簡単に洗い流すことができます。

株式会社ヤネヤックは光触媒ガラスコートの正規施行店です。
TOTOエクセラ「ハイドロクリアコート GLASS」施行店
石原産業「光触媒ガラスコート」(クリーンなの)施行店

受講履歴

スタッフ6名が、ガラス用の光触媒コーティングメーカーの講習を受講しています。
・ジャパンハイドロテクトコーティング (TOTOエクセラ)  3名
・石原産業「光触媒施行技能士認定」 (上記と別の) 3名

解説:なぜ汚れにくいのか

満タンに水を入れたコップに10円玉が何枚入るか?と、競争をされたことがあるかと思いますが、このときの、水がコップの高さよりも高く膨らむ現象が「表面張力」です。
雨の日に車を運転しやすいように、カ―用品店で購入した専用商品をフロントガラスに塗ると、雨粒が水滴となりきれいに飛び散って、ワイパーを必要としないくらい効果的です。これが、水の表面張力を利用した「撥水」効果です。

その真逆の現象が「親水」効果です。 油の浮いた食器に洗剤を1滴垂らすと油膜がさっと広がり消えていくCMがありますが、これは、表面張力が無くなる現象です。光触媒ガラスコートは表面張力を無くすこの「親水」の原理を利用しています。光触媒を吹付けると、太陽光(紫外線)※が汚れを分解し、汚れが浮いた状態になります。さらにここに雨や水がかかると、水滴が粒状にならないのでジワ―っと広がり流れ落ち、汚れも一緒に流れていきます。
雨が降る度にガラスがきれいになっていくので、セルフクリーニングと呼ばれています。雨に濡れても粒状にならないため視界が良好です。カフェや美容院など店舗の美観もUPする効果もあります。

※直射日光が当たらない北面の紫外線量でも南面と同等の効果を発揮します。

施工の流れ

現状でガラスに水を散布 → 左右とも同じ状態で視界が悪いです。

↓

特殊な研磨剤とサンダ―を使用してガラス表面の付着物や目に見えない膜を除去します。 → 右半分を施行

↓

親水確認 → 右半分が親水状態です。         内部から撮影

↓

光触媒コート剤塗布(汚れや膜が残っているガラス面には付着しません)。 → 右半分に塗布。

↓

最終確認 → ガラス面に水をかけても右半分の視界は良好です。

 

使用機器:
スプレーガンは、最も細かいノズル径の物を
使用しています。